サテライト研修

サテライト研修カレンダー

7月 2019
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

データベース

コースコード USK91L 受講料 ¥80,000
コースタイトル Symfowareデータベース構造と定義
コース概要 Symfoware Serverの構造および構築時の基本となる手順を、講義と実習によって学習します。
カリキュラム

第1章 Symfowareデータベースの概要
第2章 Symfowareデータベースを構成するシステムファイルとアーキテクチャ
第3章 Symfowareデータベースの構築 ~インストールからシステムファイルの作成~ 実習
第4章 Symfowareデータベースの構築 ~起動からデータベースの創成~実習

受講対象者

初めてSymfowareデータベースを構築する方。

前提知識 「データベース基礎」(UBD03L/UBD21L)を修了、または基本的なSQL文(DML)およびRDBの概要を理解していること。
開始日 6/13(木) 終了日 6/14(金) 学習期間 2日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL63L 受講料 ¥86,400
コースタイトル Symfowareデータベース運用管理
コース概要 バックアップ・リカバリや領域管理など、Symfoware データベース運用について、講義と実習によって学習します。
カリキュラム

第1章Symfowareデータベースにおける運用管理
第2章バックアップおよびリカバリの基礎知識
第3章メディアリカバリ機能
実機演習
第4章業務の運用
実機演習
第5章チューニングの基礎知識
実機演習

受講対象者

Symfowareを適用したデータベースの運用を担当する予定の方。

前提知識 「Symfowareデータベース 構造と定義」(UBD04L)コースを修了している、または物理・論理・格納構造、データベース構築方法、システムファイルの役割を説明できること。
開始日 9/2(月) 終了日 9/3(火) 学習期間 2日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL06L 受講料 ¥66,000
コースタイトル データベース設計(基礎編)
コース概要 データベース設計に必要な知識・手法を、講義と演習によって学習します。前半では、要素技術としてER図の書き方、正規化の概念を学び、後半は、概念設計から物理設計までの個々のタスクを机上演習を通して学びます。
カリキュラム

第1章データベース設計の流れ
第2章ER図
第3章正規化
第4章トップダウン分析とボトムアップ分析
第5章モデルの見直し
第5章モデルの見直し(続き)
第6章テーブル設計とその他のデータベース・コンポーネント設計
第7章物理設計

受講対象者

データベースの設計を担当する方。

前提知識 リレーショナルデータベースおよびシステム設計全般についての知識があること。
開始日 5/23(木) 終了日 5/24(金) 学習期間 2日間
  6/5(水)   6/6(木)
開始日 7/1(月) 終了日 7/2(火)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK89L 受講料 ¥80,000
コースタイトル PostgreSQL導入トレーニング
コース概要 これからPostgreSQLを使ったシステム構築を行う開発者/管理者の方を対象として、 PostgreSQLのインストール、設定、基本的な使い方について、実習を交えながら学習します。※OSS-DB Silver 対応
カリキュラム マシン実習があります。
受講対象者

これからPostgreSQLを使ってみようと思うエンジニアの方やPostgreSQLの概要を知りたい方。

前提知識 Linux の基本的な操作ができることが望ましい (Linux の操作についても必要に応じて説明します)。
開始日 5/27(月 終了日 5/28(火) 学習期間 2日間
開始日 8/15(木) 終了日 8/16(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK88L 受講料 ¥150,000
コースタイトル PostgreSQL運用管理トレーニング
コース概要 データベース管理とパフォーマンスチューニングに必要な技術と知識を学習し、実習を行います。
※OSS-DB Gold 対応
カリキュラム マシン実習があります。
受講対象者

PostgreSQLの内部などテクニカル面でさらに知識を深めたい方。

前提知識 「PostgreSQL 導入トレーニング」(UBG44L)を受講済みであること、またはPostgreSQL の基本的な操作ができること。UNIX / Linux 系 OS の知識があること。
開始日 9/17(火) 終了日 9/18(水 学習期間 1日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ32L 受講料 ¥142,800
コースタイトル OracleDatabase12c:管理クイック・スタート
コース概要 データベース管理に必要な基礎知識(インストールや環境構築から、バックアップ・リカバリまで)を学習します。Oracle Database 12cのインストールからバックアップ・リカバリ、およびパフォーマンス監視まで、データベースの運用を継続するために必要なOracle Database 12cの基本的な管理タスクの実行方法を学習します。これからOracle12cデータベース管理者を目指す方のための2日間速習コースです。
カリキュラム

1.概要
2.Oracle Databaseの概要
3.Oracle Databaseのインストールおよびデータベースの作成
4.Enterprise Manager Database ExpressとSQLベース管理ツールの使用
5.Oracleネットワーク環境の構成
6.Oracleインスタンスの管理
7.データベース記憶域構造の管理
---------------------------------------
7.データベース記憶域構造の管理(続き)
8.ユーザーおよびセキュリティの管理
9.スキーマ・オブジェクトの管理
10.バックアップおよびリカバリの実行
11.データベースの監視およびアドバイザの使用
12.ソフトウェアの管理

受講対象者

OracleDatabase12cを使用して小・中規模システムのデータベースを管理する方。

前提知識 「OracleDatabase12c:SQL基礎I」コースを修了、またはSQLの基礎知識・経験があること。
開始日 7/4(木) 終了日 7/5(金) 学習期間 1日間
開始日 8/1(木) 終了日 8/2(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ33L 受講料 ¥214,200
コースタイトル OracleDatabase12c:管理ネクスト・ステップ
コース概要 Linux の基本的な操作ができることが望ましい (Linux の操作についても必要に応じて説明します)。
カリキュラム

1.はじめに
2.Oracle Databaseアーキテクチャの確認
3.OracleDatabaseの管理ツール
4.データベース・インスタンスの管理
5.Oracleネットワーク環境の構成
---------------------------------------
6.ユーザー・セキュリティの管理
7.データベース記憶域構造の管理
8.領域の管理
9.データ同時実行性の管理
10.Oracle Database監査の実装
---------------------------------------
11.バックアップおよびリカバリ:概念と構成
12.バックアップおよびリカバリ:実行
13.データの移動
14.データベースのメンテナンス
15.パフォーマンスの管理

受講対象者

OracleDatabase12cを使用して大規模システムのデータベースを管理する方。

前提知識 「「OracleDatabase12c:管理クイック・スタート 」コースを修了、またはEnterprise Managerの操作を通じてデータベース管理に必要なインストールや環境構築から、バックアップ・リカバリまでのデータベース管理に必要な基礎知識があること。
開始日 8/28(水) 終了日 8/30(金) 学習期間 3日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ34L 受講料 ¥357,000
コースタイトル OracleDatabase12c:管理ワークショップ
コース概要 Oracleデータベースに関するアーキテクチャから、大規模データベースを管理するために必要となるパフォーマンス監視方法や、セキュリティ設定(ユーザー管理、監査)、バックアップやリカバリ方法を学習します。実習では、データベース稼働状態でのバックアップ取得や回復、稼働状況の監視とパフォーマンス問題の特定とその解決といった一連のデータベース管理作業を行います。
カリキュラム

1.はじめに / 2.OracleDatabaseアーキテクチャの確認
3.Oracle Databaseの管理ツール
4.データベース・インスタンスの管理
----------------------------------
5.Oracleネットワーク環境の構成
6.ユーザー・セキュリティの管理
7.データベース記憶域構造の管理 / 8.領域の管理
---------------------------------
9.UNDOデータの管理
10.データ同時実行性の管理
11.Oracle Database監査の実装
12.バックアップおよびリカバリ: 概念
13.バックアップおよびリカバリ: 構成
----------------------------------
14.データベースのバックアップの実行
15.データベースのリカバリの実行
16.データの移動 / 17.データベースのメンテナンス
------------------------------------
18.パフォーマンスの管理
19.パフォーマンスの管理: SQLチューニング
20.データベース・リソース・マネージャの使用
21.Oracle Schedulerを使用したタスクの自動化

受講対象者

OracleDatabase12cを使用して大規模システムのデータベースを管理する方。

前提知識 「OracleDatabase12c:SQL基礎I」コースを修了、またはSQL文の基礎知識(DML文、DDL文)があること。
開始日 5/20(月) 終了日 5/24(金) 学習期間 5日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ35L 受講料 ¥357,000
コースタイトル OracleDatabase12c:バックアップ・リカバリ
コース概要 リカバリ要件の評価、バックアップおよびリカバリ手順の適切な計画の立案について学習します。Recovery Manager(RMAN)を使用したバックアップの作成方法やリカバリ操作の実行方法、Oracle Flashback Technologiesを使用したリカバリなど、Oracle Database 12c のバックアップ・リカバリに必要な知識を、障害シナリオに基づいた実践的な実習を通して学習します。
カリキュラム

1.はじめに / 2.開始
3.リカバリ可能性の構成
4.RMANリカバリ・カタログの使用
--------------------------------------
5.バックアップ計画および用語
6.バックアップの実行 / 7.バックアップの向上
8.RMANによる暗号化バックアップの使用
9.障害の診断
10.リストアおよびリカバリの概要
--------------------------------------
11.リカバリの実行I / 12.リカバリの実行II
13.RMANおよびOracle Secure Backup
14.フラッシュバック・テクノロジの使用
------------------------------------------
15.フラッシュバック・データベース
16.データの転送
17.Point-in-Timeリカバリの実行
18.データベースの複製
----------------------------------------
19.RMANトラブルシューティングおよびチューニング
20.ワークショップの概要

受講対象者

Oracle Database 12cの障害回復を担当する方。

前提知識 「OracleDatabase12c:管理ワークショップ」コースを修了、またはEnterprise Managerの操作を通じてデータベース管理に必要なインストールや環境構築から、バックアップ・リカバリまでのデータベース管理に必要な基礎知識があること。
開始日 9/2(月 終了日 9/6(金) 学習期間 5日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ15L 受講料 ¥142,800
コースタイトル OracleDatabase12c:PL/SQL基礎
コース概要 SQLの拡張言語であるPL/SQLの基礎を学習します。無名PL/SQLブロックの作成方法や、ストアド・プロシージャ、ファンクションの機能について講義と実習により修得します。実習では、プログラムを作成しながらPL/SQL作成時の基本文法(PL/SQL変数宣言、明示カーソル、コンポジット・データ型、エラー処理、ループ、制御構造)を学習します。
カリキュラム

1日目
1.はじめに
2.PL/SQLの概要
3.PL/SQL変数の宣言
4.実行文の記述
5.PL/SQLブロック内でのSQL文の使用
2日目
6.制御構造の記述
7.コンポジット・データ型の処理
8.明示カーソルの使用
9.例外の処理
10.ストアド・プロシージャおよびストアド・ファンクションの作成

受講対象者

OracleDatabase12cのアプリケーション開発を担当する方。

前提知識 「OracleDatabase12c:入門 SQL基礎I(認定)」(UBG53L)コースを修了、またはSQLの基本構文の知識・経験があること。
開始日 6/6(木) 終了日 6/7(金) 学習期間 2日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら