サテライト研修

サテライト研修カレンダー

9月 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

サテライト研修

株式会社ソフトアカデミーあおもりでは「サテライト講習会」を開催しています

ITスキルアップを目指すより多くの方々に、最新の技術を習得していただく機会をご提供致します。

サテライト講習会は、株式会社富士通ラーニングメディアが提供しているサービスです。

インターネット経由でライブ配信し、同時に複数の会場でご受講していただくサービスです。
たとえば、東京の教室で開催されている講習会を、インターネットを介して、青森(弊社研修室)で受講することが可能となりますので、受講の機会も増えます。

【ご受講者の声(平成29年度実施トライアル研修ご受講のお客様より)】

  • 実際に東京品川で研修を受講する時と遜色なく受講できました。
  • 普段の勤務地で受講できる分、集中して受講できると思います。
  • 予想以上に研修効果が高いと感じました。中央の一流講師の優れた内容を受講でき、よかったです。

【ご受講のメリット】

  • 首都圏の一流講師による旬な講座を、青森で受講することができます。
  • 旅費・宿泊費の負担が無く、首都圏の研修を受講できます。
  • 通常のコースと同様に、音声やチャット機能を利用した、リアルタイムでの質問が可能です。

【受講コース】

 

コースコード USL18L 受講料 ¥42,000
コースタイトル プロジェクトマネジメントの基礎
コース概要 プロジェクトの開始から終了までの全体的な流れ、およびその流れの中でのプロジェクトマネージャとして、意識するべき観点について、講義を中心に基礎的な事項を学習します。
カリキュラム
第1章プロジェクトマネジメントとは
第2章プロジェクトの立上げ
第3章プロジェクトの計画
第4章プロジェクトの実行
第5章プロジェクトの監視・コントロール
第6章プロジェクトの終結
受講対象者

これから、プロジェクトマネージャとして、プロジェクトマネジメントを行う方。
または関係者としてプロジェクトにかかわる方。

前提知識 システム構築プロジェクトに参画し、設計から稼動までの作業を経験していること。
またはそれらの作業を理解していること。
開始日 4/17(水) 終了日 4/17(水) 学習期間 1日間
開始日 6/21(金) 終了日 6/21(金)
開始日 7/26(金) 終了日 7/26(金)
開始日 8/14(水) 終了日 8/14(水)
開始日 9/6(金) 終了日 9/6(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ54L 受講料 ¥150,000
コースタイトル プロジェクトマネジメントの基礎
コース概要 プロジェクトの開始から終了までの全体的な流れ、およびその流れの中でのプロジェクトマネージャとして、意識するべき観点について、講義を中心に基礎的な事項を学習します。
受講対象者

これから、プロジェクトマネージャとして、プロジェクトマネジメントを行う方。
または関係者としてプロジェクトにかかわる方。

前提知識 システム構築プロジェクトに参画し、設計から稼動までの作業を経験していること。
またはそれらの作業を理解していること。
開始日 6/7(金) 終了日 6/7(金) 学習期間 1日間
開始日 7/5(金) 終了日 7/5(金)
開始日 8/13(火) 終了日 8/13(火)
 富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

コースコード USK01L 受講料 ¥43,200
コースタイトル システム開発の基礎
コース概要 情報システムとは何かから、システム開発に必要な知識、開発工程の全体像や各作業の内容を講義中心に学習します。
集中処理方式、クライアントサーバ処理方式、Webシステムなどの処理方式や、ウォーターフォール、反復型開発などのプロセスモデル、構造化、オブジェクト指向などの開発手法と、さまざまな用語や分類を理解し、システム開発に携わるうえでの基礎知識を修得します。
また、開発工程の全体像における自身の作業やその前後との関連を修得します。「情報システムの概要」、「基本的な用語」、「システム開発の流れ」の順に学習します。
カリキュラム
第1章情報システムの概要
第2章システム開発の基礎知識
第3章システム開発作業の流れ
演  習システム開発での失敗事例をもとに開発の重要ポイントを確認する
受講対象者

開発チームメンバーとして、システム開発プロジェクトに参画する方。

前提知識 OS、ネットワーク、DB、プログラムの概念や役割など基本的なIT技術に関する知識があること。
開始日 5/30(木) 終了日 5/30(木) 学習期間 1日間 
開始日 7/12(金) 終了日 7/12(金)
開始日  8/16(金) 終了日  8/16(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK04L 受講料 ¥43,200
コースタイトル システム設計の基礎
コース概要 システム設計工程での作業内容、作業手順、およびその基本的な考え方について、システム設計技術をもとにした説明によって学習します。
カリキュラム
第1章 システム設計概要
第2章 UI工程
第3章 SS工程
演習  データ設計
受講対象者

システム設計作業を担当する方。

前提知識 プログラム設計作業の経験がある人。
開始日 4/25(木) 終了日 4/25(木) 学習期間 1日間
開始日 6/7(金) 終了日 6/7(金)
開始日 8/28(水) 終了日 8/28(水)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL22L 受講料 ¥42,000
コースタイトル ビジネス分析のための統計学入門
コース概要 現状、企業や組織には業務における大量のデータを保有しています。今までは管理しきれないため見過ごされてきたデータ群を記録・保管して即座に解析することで、ビジネスや社会に有用な知見を得たり、これまでにないような新たな仕組みやシステムを産み出す可能性が高まります。本研修ではデータの活用の礎となる、統計学の手法を理解し、数値の捉え方を業務データに基づいて学習します。
カリキュラム

第1章ビジネスにおける統計学の重要性
第2章代表的な統計手法
総合演習

受講対象者

企業内データを分析する方法を学びたい方、上流工程で業務の分析、改善を行う方。

前提知識 特に必要ありません。
開始日 4/12(金) 終了日 4/12(金) 学習期間 1日間
開始日 5/10(金) 終了日 5/10(金)
開始日  7/1(月)  終了日 7/1(月)
開始日 8/1(木) 終了日 8/1(木)
開始日 9/5(木) 終了日 9/5(木)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL11L 受講料 ¥43,200
コースタイトル システム運用におけるSLAの作成
コース概要 システム運用のアウトソーシングにおけるSLA(提供するITサービスを定量的、定性的に定義した協定文書)の作成方法や改定方法を、説明と演習によって学習します。演習では、小売業のシステム運用管理の事例を題材とし、作成途中のSLAの修正や、SLAに従って測定されたシステム運用管理状況の分析についてグループ討議を行い、SLAの作成、利用に関する理解を深めます。
カリキュラム 第1章システム運用管理の課題とSLAを導入する目的について確認する
第2章SLAを導入する手順を把握する
演習1SLAの合意
第3章PDCAサイクルでSLMを行う
演習2SLAの運用
受講対象者

SLAを活用し、運用を改善しようとしている方。

前提知識 「 ITサービスマネジメント基礎ワークショップ(ITIL2011対応)」(UAW81L)コースを修了、またはシステム運用の知識、経験があること。
開始日 8/7(水) 終了日 8/7(水) 学習期間 1日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL17L 受講料 ¥36,000
コースタイトル システム運用入門~運用起点でITサービスを考える~
コース概要 システム運用の必要性、作業項目、体制について、基本的な考え方を講義と演習を通じて学習します。演習では、日常的な題材を通して、システム運用を行ううえで必要な活動への理解を深めます。
カリキュラム 第1章システム運用の重要性
ミニ演習
第2章主なシステム運用作業
第3章運用起点でITサービスを考える
総合演習
受講対象者

これからシステム運用・保守業務に携わる方。若手社員(入社1~5年目の方)。

前提知識 特に必要ありません。
開始日 5/17(金) 終了日 5/17(金) 学習期間 1日間
開始日 7/9(火) 終了日 7/9(火)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ54L 受講料 ¥150,000
コースタイトル

Salesforce管理I[後編]<Lightning UI版>

コース概要 Lightning Experience環境のユーザインターフェースをご利用のSalesforce管理者に必要かつ重要な機能を、ハンズオン演習を交えて包括的に習得します。管理者がSalesforceのご利用を開始される前、または業務を引き継がれるタイミングでのご受講が効果的です。[後編]では、Salesforceの導入を成功させるために中核となるレポートやワークフローの機能を学習します。本コースと 「Salesforce管理I [前編] <Lightning UI版>」を合わせて、重要な基本機能を包括的に習得できる内容になっています。学習効果を最大限高めるためには、本コースのご受講前に [前編] を受講されることを強くお勧めします。※本コースはLightning Experience環境のユーザインターフェースを利用します。Salesforce Classic環境をご利用の方は、「Salesforce 管理I [後編]」(UBC82LまたはサテライトUSJ51L)をご受講ください。
カリキュラム salesforce.com社認定コース
受講対象者

Lightning Experience環境のユーザインターフェースでSalesforceアプリケーションの設定、構成、保守を担当される新任のシステム管理者、およびパワーユーザ、セールスオペレーション担当者、IT マネージャ等のエンドユーザ。認定アドミニストレーター試験合格を目指している方。

前提知識 「Salesforce管理I [前編] <Lightning UI版>」(UBC88L)の修了、または同等の知識がある方。
開始日 4/11(木) 終了日 4/12(金) 学習期間 2日間
開始日 7/11(木) 終了日 7/12(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ59L 受講料 ¥60,000
コースタイトル Salesforce Platform クイックスタディ - 基本機能と開発の勘所
コース概要

Salesforceの概要と基本機能、開発の勘所を、講義と実習を通して学習します。実際に操作して体感しながら、Salesforceの全体像を理解したい方に最適のコースです。

カリキュラム salesforce.com社認定コース
受講対象者

初めてSalesforceの機能を学習される方。Salesforceを提案、導入する可能性のある方。

前提知識 特に必要ありません。
開始日 6/18(火) 終了日 6/18(火) 学習期間 1日間
開始日 7/9(火) 終了日 7/9(火)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ52L 受講料 ¥340,000
コースタイトル システム運用入門~運用起点でITサービスを考える~
コース概要 このコースは、技術や知識を高めたいと考えられている上級管理者を対象に、Salesforce でビジネスニーズの高い問題を解決する方法について学習します。「Salesforce管理II」では、仮定したシナリオに沿って、カスタムオブジェクトとカスタムアプリケーションを使った Salesforce の拡張、複雑なレポートとダッシュボードの作成、複雑なビジネスプロセスの自動化などの課題を実施し、Salesforce をより効率的に活用できる方法を学習します。
カリキュラム salesforce.com社認定コース
受講対象者

Salesforce の使用経験が 6 ヶ月間以上ある管理者。「Salesforce 管理I [前編] [後編]」修了レベルの知識をお持ちで、さらに管理者スキルを向上したい方。認定上級アドミニストレーター資格を目指す方。

前提知識 Salesforce の使用経験が 6 ヶ月間以上経験のある管理者、 または「Salesforce 管理I [前編] [後編]」コース(UBC81L、UBC82Lまたは <Lightning UI版>UBC88L、UBC89L)を修了していること。
開始日 7/16(火) 終了日 7/16(火) 学習期間 4日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ53L 受講料 ¥225,000
コースタイトル Salesforce管理  I [前編]<Lightning UI版>
コース概要 Lightning Experience環境のユーザインターフェースをご利用のSalesforce管理者に必要かつ重要な機能を、ハンズオン演習を交えて包括的に習得します。管理者がSalesforceのご利用を開始される前、または業務を引き継がれるタイミングでのご受講が効果的です。[前編]では、Salesforceの導入を成功させるために中核となる情報共有セキュリティやカスタマイズ等の機能を学習します。本コースと「Salesforce管理I [後編] <Lightning UI版>」を合わせて、重要な基本機能を包括的に習得できる内容になっています。学習効果を最大限高めるためには、本コースのご受講後に [後編] を受講されることを強くお勧めします。※本コースはLightning Experience環境のユーザインターフェースを利用します。Salesforce Classic環境をご利用の方は、「Salesforce 管理I [前編]」(UBC81LまたはサテライトUSJ50L)をご受講ください。
カリキュラム salesforce.com社認定コース
受講対象者

Lightning Experience環境のユーザインターフェースでSalesforceアプリケーションの設定、構成、保守を担当される新任のシステム管理者、およびパワーユーザ、セールスオペレーション担当者、IT マネージャ等のエンドユーザ。認定アドミニストレーター試験合格を目指している方。

前提知識 特に必要ありません。ご受講前にCRMの基本知識、およびSalesforceの概要を学びたい方は、Trailhead(無料オンライン学習リソース)のCRMの基礎のモジュールで学習されることをお勧めします(必須ではありません)。
開始日 4/8(月) 終了日 4/10(水) 学習期間 3日間
開始日 7/8(月) 終了日 7/10(水)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ57L 受講料 ¥255,000
コースタイトル Salesforce Platform 開発者: ApexとVisualforce[前編]
コース概要 Salesforce Platformプラットフォーム上での宣言的開発に関する知識を学習した上で、プログラミングによる開発知識をさらに深めて学習します。[前編]では、Salesforce Platform のアプリケーション開発言語である、Apex および Visualforceを使用した、Salesforceアプリケーションの構築・拡張・配置方法について、演習を交えて解説します。本コースと「Salesforce Platform 開発者: ApexとVisualforce[後編]」(UBC95LまたはサテライトUSJ58L)コースを合わせて受講することで、重要な機能を包括的に習得することができます。学習効果を最大限に高めるためには、本コースのご受講後に [後編] を受講されることを強くお勧めします。
カリキュラム

salesforce.com社認定コース
※本コースは、オブジェクト指向プログラミングの基礎に関する内容は、習得済みであることを前提としており、基礎知識に関する内容は含まれていません。

受講対象者

Salesforce Platform のプログラミング機能を学習したいアプリケーション開発者。「認定 Platform デベロッパー」資格の取得を目指す方。

前提知識 「Salesforce Platform アプリケーションビルダー 基礎」(UBC91L)コースの修了、または同等の知識があること。Java、C#などの一般的なオブジェクト指向言語の実装経験があること。
開始日 6/24(月) 終了日 6/26(水) 学習期間 3日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ58L 受講料 ¥170,000
コースタイトル Salesforce Platform 開発者: ApexとVisualforce[後編]
コース概要 Salesforce Platformプラットフォーム上での宣言的開発に関する知識を学習した上で、プログラミングによる開発知識をさらに深めて学習します。[後編]では、[前編]と同様にApexプログラムについて学習し、さらに Visualforce を使用した、Salesforce アプリケーションのユーザインターフェースの構築・拡張について、演習を交えて解説します。本コースと「Salesforce Platform 開発者: ApexとVisualforce [前編]」コースを合わせて受講することで、重要な機能を包括的に習得することができます。学習効果を最大限に高めるためには、 本コースのご受講前に [前編] を受講されることを強くお勧めします。
カリキュラム

salesforce.com社認定コース
※本コースは、オブジェクト指向プログラミングの基礎に関する内容は、習得済み であることを前提としており、基礎知識に関する内容は含まれていません。

受講対象者

Salesforce Platform のプログラミング機能を学習したいアプリケーション開発者。「認定 Platform デベロッパー」資格の取得を目指す方。

前提知識 「Salesforce Platform 開発者: ApexとVisualforce [前編]」(UBC94LまたはサテライトUSJ57L)コースの修了、 または同等の知識があること。Java、C#などの一般的なオブジェクト指向言語の実装経験および、Web 開発言語を使用した実装経験があること。
開始日 6/27(木) 終了日 6/28(金) 学習期間 2日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK91L 受講料 ¥80,000
コースタイトル Symfowareデータベース構造と定義
コース概要 Symfoware Serverの構造および構築時の基本となる手順を、講義と実習によって学習します。
カリキュラム

第1章 Symfowareデータベースの概要
第2章 Symfowareデータベースを構成するシステムファイルとアーキテクチャ
第3章 Symfowareデータベースの構築 ~インストールからシステムファイルの作成~ 実習
第4章 Symfowareデータベースの構築 ~起動からデータベースの創成~実習

受講対象者

初めてSymfowareデータベースを構築する方。

前提知識 「データベース基礎」(UBD03L/UBD21L)を修了、または基本的なSQL文(DML)およびRDBの概要を理解していること。
開始日 6/13(木) 終了日 6/14(金) 学習期間 2日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL63L 受講料 ¥86,400
コースタイトル Symfowareデータベース運用管理
コース概要 バックアップ・リカバリや領域管理など、Symfoware データベース運用について、講義と実習によって学習します。
カリキュラム

第1章Symfowareデータベースにおける運用管理
第2章バックアップおよびリカバリの基礎知識
第3章メディアリカバリ機能
実機演習
第4章業務の運用
実機演習
第5章チューニングの基礎知識
実機演習

受講対象者

Symfowareを適用したデータベースの運用を担当する予定の方。

前提知識 「Symfowareデータベース 構造と定義」(UBD04L)コースを修了している、または物理・論理・格納構造、データベース構築方法、システムファイルの役割を説明できること。
開始日 9/2(月) 終了日 9/3(火) 学習期間 2日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL06L 受講料 ¥66,000
コースタイトル データベース設計(基礎編)
コース概要 データベース設計に必要な知識・手法を、講義と演習によって学習します。前半では、要素技術としてER図の書き方、正規化の概念を学び、後半は、概念設計から物理設計までの個々のタスクを机上演習を通して学びます。
カリキュラム

第1章データベース設計の流れ
第2章ER図
第3章正規化
第4章トップダウン分析とボトムアップ分析
第5章モデルの見直し
第5章モデルの見直し(続き)
第6章テーブル設計とその他のデータベース・コンポーネント設計
第7章物理設計

受講対象者

データベースの設計を担当する方。

前提知識 リレーショナルデータベースおよびシステム設計全般についての知識があること。
開始日 5/23(木) 終了日 5/24(金) 学習期間 2日間
  6/5(水)   6/6(木)
開始日 7/1(月) 終了日 7/2(火)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK89L 受講料 ¥80,000
コースタイトル PostgreSQL導入トレーニング
コース概要 これからPostgreSQLを使ったシステム構築を行う開発者/管理者の方を対象として、 PostgreSQLのインストール、設定、基本的な使い方について、実習を交えながら学習します。※OSS-DB Silver 対応
カリキュラム マシン実習があります。
受講対象者

これからPostgreSQLを使ってみようと思うエンジニアの方やPostgreSQLの概要を知りたい方。

前提知識 Linux の基本的な操作ができることが望ましい (Linux の操作についても必要に応じて説明します)。
開始日 5/27(月 終了日 5/28(火) 学習期間 2日間
開始日 8/15(木) 終了日 8/16(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK88L 受講料 ¥150,000
コースタイトル PostgreSQL運用管理トレーニング
コース概要 データベース管理とパフォーマンスチューニングに必要な技術と知識を学習し、実習を行います。
※OSS-DB Gold 対応
カリキュラム マシン実習があります。
受講対象者

PostgreSQLの内部などテクニカル面でさらに知識を深めたい方。

前提知識 「PostgreSQL 導入トレーニング」(UBG44L)を受講済みであること、またはPostgreSQL の基本的な操作ができること。UNIX / Linux 系 OS の知識があること。
開始日 9/17(火) 終了日 9/18(水 学習期間 1日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ32L 受講料 ¥142,800
コースタイトル OracleDatabase12c:管理クイック・スタート
コース概要 データベース管理に必要な基礎知識(インストールや環境構築から、バックアップ・リカバリまで)を学習します。Oracle Database 12cのインストールからバックアップ・リカバリ、およびパフォーマンス監視まで、データベースの運用を継続するために必要なOracle Database 12cの基本的な管理タスクの実行方法を学習します。これからOracle12cデータベース管理者を目指す方のための2日間速習コースです。
カリキュラム

1.概要
2.Oracle Databaseの概要
3.Oracle Databaseのインストールおよびデータベースの作成
4.Enterprise Manager Database ExpressとSQLベース管理ツールの使用
5.Oracleネットワーク環境の構成
6.Oracleインスタンスの管理
7.データベース記憶域構造の管理
---------------------------------------
7.データベース記憶域構造の管理(続き)
8.ユーザーおよびセキュリティの管理
9.スキーマ・オブジェクトの管理
10.バックアップおよびリカバリの実行
11.データベースの監視およびアドバイザの使用
12.ソフトウェアの管理

受講対象者

OracleDatabase12cを使用して小・中規模システムのデータベースを管理する方。

前提知識 「OracleDatabase12c:SQL基礎I」コースを修了、またはSQLの基礎知識・経験があること。
開始日 7/4(木) 終了日 7/5(金) 学習期間 1日間
開始日 8/1(木) 終了日 8/2(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ33L 受講料 ¥214,200
コースタイトル OracleDatabase12c:管理ネクスト・ステップ
コース概要 Linux の基本的な操作ができることが望ましい (Linux の操作についても必要に応じて説明します)。
カリキュラム

1.はじめに
2.Oracle Databaseアーキテクチャの確認
3.OracleDatabaseの管理ツール
4.データベース・インスタンスの管理
5.Oracleネットワーク環境の構成
---------------------------------------
6.ユーザー・セキュリティの管理
7.データベース記憶域構造の管理
8.領域の管理
9.データ同時実行性の管理
10.Oracle Database監査の実装
---------------------------------------
11.バックアップおよびリカバリ:概念と構成
12.バックアップおよびリカバリ:実行
13.データの移動
14.データベースのメンテナンス
15.パフォーマンスの管理

受講対象者

OracleDatabase12cを使用して大規模システムのデータベースを管理する方。

前提知識 「「OracleDatabase12c:管理クイック・スタート 」コースを修了、またはEnterprise Managerの操作を通じてデータベース管理に必要なインストールや環境構築から、バックアップ・リカバリまでのデータベース管理に必要な基礎知識があること。
開始日 8/28(水) 終了日 8/30(金) 学習期間 3日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ34L 受講料 ¥357,000
コースタイトル OracleDatabase12c:管理ワークショップ
コース概要 Oracleデータベースに関するアーキテクチャから、大規模データベースを管理するために必要となるパフォーマンス監視方法や、セキュリティ設定(ユーザー管理、監査)、バックアップやリカバリ方法を学習します。実習では、データベース稼働状態でのバックアップ取得や回復、稼働状況の監視とパフォーマンス問題の特定とその解決といった一連のデータベース管理作業を行います。
カリキュラム

1.はじめに / 2.OracleDatabaseアーキテクチャの確認
3.Oracle Databaseの管理ツール
4.データベース・インスタンスの管理
----------------------------------
5.Oracleネットワーク環境の構成
6.ユーザー・セキュリティの管理
7.データベース記憶域構造の管理 / 8.領域の管理
---------------------------------
9.UNDOデータの管理
10.データ同時実行性の管理
11.Oracle Database監査の実装
12.バックアップおよびリカバリ: 概念
13.バックアップおよびリカバリ: 構成
----------------------------------
14.データベースのバックアップの実行
15.データベースのリカバリの実行
16.データの移動 / 17.データベースのメンテナンス
------------------------------------
18.パフォーマンスの管理
19.パフォーマンスの管理: SQLチューニング
20.データベース・リソース・マネージャの使用
21.Oracle Schedulerを使用したタスクの自動化

受講対象者

OracleDatabase12cを使用して大規模システムのデータベースを管理する方。

前提知識 「OracleDatabase12c:SQL基礎I」コースを修了、またはSQL文の基礎知識(DML文、DDL文)があること。
開始日 5/20(月) 終了日 5/24(金) 学習期間 5日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ35L 受講料 ¥357,000
コースタイトル OracleDatabase12c:バックアップ・リカバリ
コース概要 リカバリ要件の評価、バックアップおよびリカバリ手順の適切な計画の立案について学習します。Recovery Manager(RMAN)を使用したバックアップの作成方法やリカバリ操作の実行方法、Oracle Flashback Technologiesを使用したリカバリなど、Oracle Database 12c のバックアップ・リカバリに必要な知識を、障害シナリオに基づいた実践的な実習を通して学習します。
カリキュラム

1.はじめに / 2.開始
3.リカバリ可能性の構成
4.RMANリカバリ・カタログの使用
--------------------------------------
5.バックアップ計画および用語
6.バックアップの実行 / 7.バックアップの向上
8.RMANによる暗号化バックアップの使用
9.障害の診断
10.リストアおよびリカバリの概要
--------------------------------------
11.リカバリの実行I / 12.リカバリの実行II
13.RMANおよびOracle Secure Backup
14.フラッシュバック・テクノロジの使用
------------------------------------------
15.フラッシュバック・データベース
16.データの転送
17.Point-in-Timeリカバリの実行
18.データベースの複製
----------------------------------------
19.RMANトラブルシューティングおよびチューニング
20.ワークショップの概要

受講対象者

Oracle Database 12cの障害回復を担当する方。

前提知識 「OracleDatabase12c:管理ワークショップ」コースを修了、またはEnterprise Managerの操作を通じてデータベース管理に必要なインストールや環境構築から、バックアップ・リカバリまでのデータベース管理に必要な基礎知識があること。
開始日 9/2(月 終了日 9/6(金) 学習期間 5日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ15L 受講料 ¥142,800
コースタイトル OracleDatabase12c:PL/SQL基礎
コース概要 SQLの拡張言語であるPL/SQLの基礎を学習します。無名PL/SQLブロックの作成方法や、ストアド・プロシージャ、ファンクションの機能について講義と実習により修得します。実習では、プログラムを作成しながらPL/SQL作成時の基本文法(PL/SQL変数宣言、明示カーソル、コンポジット・データ型、エラー処理、ループ、制御構造)を学習します。
カリキュラム

1日目
1.はじめに
2.PL/SQLの概要
3.PL/SQL変数の宣言
4.実行文の記述
5.PL/SQLブロック内でのSQL文の使用
2日目
6.制御構造の記述
7.コンポジット・データ型の処理
8.明示カーソルの使用
9.例外の処理
10.ストアド・プロシージャおよびストアド・ファンクションの作成

受講対象者

OracleDatabase12cのアプリケーション開発を担当する方。

前提知識 「OracleDatabase12c:入門 SQL基礎I(認定)」(UBG53L)コースを修了、またはSQLの基本構文の知識・経験があること。
開始日 6/6(木) 終了日 6/7(金) 学習期間 2日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL67L 受講料 ¥42,000
コースタイトル R言語によるデータ分析入門
コース概要 本コースでは、ビッグデータを含め、様々なデータを分析し活用するためのオープンソースの統計解析パッケージ「R」の使い方を学びます。データの特徴を知り、ビジネスに活用するために必要な統計学と、コンピュータで容易に統計を行うためのRの使い方を1日で効率的に習得できるコースです。
カリキュラム

第1章ビジネスとデータ分析
第2章R言語の基本
第3章基本統計量
第3章基本統計量(続き)
第4章Rのグラフィック機能
第5章推測統計の基本

受講対象者

ビッグデータを含む、「データ」を分析しビジネスに活用したい方

前提知識 コンピュータの基本操作ができる。
開始日 6/17(月) 終了日 6/17(月) 学習期間 1日間
開始日 8/15(木) 終了日 8/15(木)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL14L 受講料 ¥78,000
コースタイトル VMware vSphere基礎
コース概要 サーバ仮想化ソフトウェアである「VMware vSphere 」の基礎知識とvSphereを使用したシステム構成(富士通ハードウェア)のポイントを講義と実習を交えて学習します。VMware vSphere を構成するコンポーネント(ESXi、仮想マシン、vCenter Server、VMotion、DRS、HAなど)の機能概要や特徴を短期間で把握する入門者向けコースです。
カリキュラム

第1章vSphere とVMware社のビジョン
第2章仮想マシン
-------------------------------------
第3章vSphereの機能
第4章システム構成

受講対象者

VMware vSphereによるサーバ仮想化環境の構築、または運用管理を担当する技術者の方

前提知識 特にITインフラの基本的な知識(サーバ、OS、ストレージ、ネットワークなどのキーワードを理解している)があること。ありません。
開始日 6/5(水) 終了日 6/6(木) 学習期間 2日間
開始日 7/25(木) 終了日 7/26(金)
開始日 9/17(火) 終了日 9/18(水)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL86L 受講料 ¥42,000
コースタイトル ビッグデータの基礎
コース概要 現在、社会/ビジネス活動で発生する大量データを収集・分析し、新たなトレンド発見や新規ビジネス創出につなげる「ビッグデータ」が注目を集めています。このコースでは、ビッグデータの特徴と、データの収集、蓄積、処理に関わる技術の概要を学習します。また、演習を通じて、自社におけるビッグデータ活用のイメージを持つことができます。
カリキュラム

第1章ビッグデータの概要
第2章ビッグデータの活用シーン
第3章社内データの活用
第4章IoT(Internet of Things)
第5章ソーシャルメディア
第6章オープンデータ
第7章ビッグデータ活用における課題
第8章ビッグデータ活用のためのICTインフラ
第9章ビッグデータの分析

受講対象者

ビッグデータの活用について全体像を学習したい方。

前提知識 サーバ、ストレージ、データベース、プログラミングなどシステム開発関連のキーワードについて用語集レベルの理解があること
開始日 4/22(月) 終了日 4/22(月) 学習期間 1日間
開始日 8/9(金) 終了日 8/9(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USJ26L 受講料 ¥80,000
コースタイトル SQL Server 2014 データベース管理 基礎編
コース概要 SQL Serverを扱う際に必要となる基本知識(製品体系や基本機能)や操作を実習を通じて学習します。実習では、SQL Server 2014のManagement Studioを使い、データベースやテーブルの作成、権限などのセキュリティ設定、基本的なインデックスの作成、バックアップの取得と復元の実習も行います。
カリキュラム

第1章SQL Server 製品概要
第2章データベースとテーブルの作成
第3章インデックスの作成
-------------------------------------
第3章インデックスの作成
第4章データベースへのアクセスコントロール
第4章データベースへのアクセスコントロール
第5章データベースのバックアップと復元

受講対象者

SQL Server製品を初めて使う方、基本的な構成や管理操作をSQL Server 2014で行う予定のある方。

前提知識 「Windows Server 2012の基礎」(UCV29L)を受講済みの方。
または、Windowsの基本操作およびユーザーアカウント、グループアカウント、サービス、Windowsファイアウォールについて理解されている方。
なお、「データベース基礎」(UBD03L/UBD21L)を受講済み、またはSQL文(SELECT、UPDATE、INSERTステートメントなど)、データベースの基礎知識があるとより理解が進みます。
開始日 6/13(木) 終了日 6/14(金) 学習期間 2日間
開始日 7/23(火) 終了日 7/24(水)
開始日 9/24(火) ) 終了日 9/25(水
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK66L 受講料 ¥91,200
コースタイトル システム設計 実践トレーニング
コース概要 システム設計の作業やその考え方を演習を通して修得するコースです。演習では、機能とデータの両面での考え方、ポイントの理解を目的に、事例企業の業務を題材とした画面レイアウトのレビュー、論理データモデルの修正などを行います。演習はグループ形式で行います。参加者同士の意見を交換することで、新たな観点に気づくことができます。
カリキュラム

第1章 システム設計概要
第2章 方式設計
第3章 機能設計
第4章 データ設計
演習1 画面設計
-------------------------------
演習1 画面設計(続き)
演習2 画面イベント定義
【発表】 演習1 画面設計
演習3 データ設計
演習4 プロセスとデータの整合性検証
【発表】 演習3 データ設計

受講対象者

システム設計作業を担当する方。

前提知識 「システム設計の基礎」(UAS28L)コースを修了、またはシステム設計の基礎知識(機能設計・データ設計)があること。
開始日 6/20(木) 終了日 6/21(金) 学習期間 2日間
開始日 8/8(木) 終了日 8/9(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK03L 受講料 ¥61,000
コースタイトル ストレージシステム基礎
コース概要 システム構成に必要となるストレージシステムについて、SAN(Storage Area Network)とNAS(Network Attached Storage)について学習します。ストレージシステムを活用した事例を通して理解を深めていただきます。
カリキュラム

第1章ストレージシステムの概要
第2章ストレージの基礎知識
第3章SANの構成機器と要素技術
---------------------------------------
第4章NASの構成機器と要素技術
第5章ストレージシステムのバックアップ
第6章課題別ソリューション
第7章ストレージシステムの運用管理

受講対象者

システム構成の検討、構築、運用にかかわる方でストレージを使用したシステム構成の知識が必要な方。

前提知識 ネットワークに関する知識(TCP/IPやLAN)、コンピュータの基本的な知識(ハードディスク、バックアップなど)があること。
開始日 7/10(水) 終了日 7/11(木) 学習期間 2日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK67L 受講料 ¥86,400
コースタイトル vSphere運用管理(監視、バックアップ、リソース)
コース概要 VMware vSphereを適用したサーバ仮想化環境における運用管理(監視・バックアップ・キャパシティ/リソース管理など)について、講義と実習にて学習します。本コースは、VMware vSphere 5(ESXi5、vCenter Server 5)に対応します。
カリキュラム

第1章vSphere環境の運用管理作業
第2章運用管理のための構成とツール
第3章リソース管理/キャパシティ管理
-------------------------------------
第3章リソース管理/キャパシティ管理(続き)
第4章バックアップ
第4章バックアップ(続き)
第5章セキュリティ管理
第6章管理作業の自動化

受講対象者

VMware vSphereによるサーバ仮想化環境の運用管理を担当する技術者の方。

前提知識 「VMware vSphere基礎」(UBS16L/UBS71L)コースを修了、またはVMware vSphereおよびITインフラの基本的な知識(サーバ、OS、ストレージ、ネットワークなどのキーワードを理解している)があること。
開始日 5/16(木) 終了日 5/17(金) 学習期間 1日間
開始日 8/1(木) 終了日 8/2(金)
開始日 9/19(木) 終了日 9/20(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL87L 受講料 ¥8,000
コースタイトル LAN/WANの要素技術
コース概要 企業がネットワークを導入する際に考慮すべき要件(可用性、運用性、セキュリティなど)を理解し、それぞれの要件を実現する要素技術について学習します。
カリキュラム  
受講対象者

IPネットワークにおける付加機能(可用性向上、運用、セキュリティなど)について理解する必要がある方。ネットワークの構築・設計を担当する方。

前提知識 「ネットワークの基礎」(UJE76L/旧UJE39L)コースを修了、またはIPネットワークの基礎知識があること。
開始日 6/12(水) 終了日 6/12(水) 学習期間 1日間
開始日 8/21(水) 終了日 8/21(水)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL74L 受講料 ¥61,000
コースタイトル Webアプリケーション開発技術
コース概要 HTMLとCSSによるホームページ作成方法について、講義およびテキストエディタを使用した実習によって学習します。基本的なHTMLの記述として、文章の表現、画像の表示、リンクの設定、フォームの作成方法などを修得します。またCSSによってWebページのデザインを設定する方法を修得します。
カリキュラム

第1章WWWの概要
第2章HTML文書の作成
----------------------------------
第3章CSSによるデザイン設定
第4章Webサイト作成実習

受講対象者

ホームページ作成の予定がある方。または興味のある方。

前提知識 Windows の基本的な操作ができること。またはWWW や電子メールなどのインターネットに関する基本的な知識があること。
開始日 6/13(木) 終了日 6/14(金) 学習期間 2日間
開始日 7/25(木) 終了日 7/26(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USK31L 受講料 ¥76,000
コースタイトル UNIX/Linux入門
コース概要 UNIX/Linuxシステムの概要および基本的な使用方法(ファイル操作、エディタ操作、ネットワークコマンド、シェルの利用法など)を学習します。実習では、UNIX/Linuxサーバを使用し、コマンドおよびエディタ(vi)の操作方法や、基本的なシェルの機能の利用法を学習します。
カリキュラム

第1章UNIX/Linuxの概要
第2章コマンド操作の基本
第3章テキストファイルの編集
------------------------------
第4章ファイル操作
-------------------------------
第5章ネットワーク操作
第6章シェルの基本機能と効率的利用

受講対象者

はじめてUNIXおよびLinuxシステムを使用する人。

前提知識 特に必要ありません。
開始日 4/22(月) 終了日 4/24(水) 学習期間 3日間
開始日 5/20(月) 終了日 5/22(水)
開始日 6/24(月) 終了日 6/26(水)
開始日 7/22(月) 終了日 7/24(水)
開始日 8/21(水) 終了日 8/23(金)
開始日 9/18(水) 終了日 9/20(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL33L 受講料 ¥61,000
コースタイトル シェルの機能とプログラミング
コース概要 UNIXまたはLinux 環境におけるシェルの機能とシェルスクリプトの作成方法を中心に講義と実習で学習します。講義では、Bourneシェル、Kornシェル、Bashの特徴を理解して、コマンドラインでの操作が便利になるような方法や定型処理を一括で実行できるようにするシェルスクリプトを制御文も含め修得します。また、基本的なsedコマンド、awkコマンドを使用したテキストファイルのデータ加工方法も修得します。実習では、講義で修得した内容を、UNIXまたはLinuxサーバを使用して確認できます。
カリキュラム

第1章シェルの概要
第2章コマンド実行の仕組み
第3章変数
第4章環境設定ファイル
第5章制御文
----------------------------------
第5章制御文(続き)
第6章シェルスクリプト作成のテクニック
第7章正規表現、データ加工コマンド
第8章sed コマンド
第9章awk コマンド

受講対象者

UNIX/Linux上でBourneシェル、Kornシェル、Bashを使用する方。またはUNIX/Linuxシステムの運用管理を担当する方。

前提知識 「UNIX/Linux入門」(UMI11L)コースを修了、またはUNIXまたはLinuxの基本的操作経験(コマンドによるファイル操作、ファイル編集)があること。
開始日 4/25(木) 終了日 4/25(木) 学習期間 1日間
開始日 5/23(木) 終了日 5/23(木)
開始日 7/8(月) 終了日 7/8(月)
開始日 9/2(月) 終了日 9/2(月)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL07L 受講料 ¥102,000
コースタイトル VBプログラミング基礎
コース概要 VBを使用してアプリケーションを開発する際に必要となる文法を、説明と実習により学習します。
カリキュラム

第1章.NET Framework とVB
第2章VBの基本文法
第2章VBの基本文法/実習問題
第3章オブジェクト指向
----------------------------------
第4章クラスとインスタンス
実習問題
第5章継承
----------------------------------
実習問題
第6章ポリモーフィズム
第6章ポリモーフィズム/実習問題
第7章例外処理 実習問題(オプション)
第8章デバッグ

受講対象者

VB を使用してアプリケーションを開発する人。

前提知識 Windows の基本操作ができる人。プログラミング経験がある人が望ましい。
開始日 6/24(月) 終了日 6/26(水) 学習期間 3日間
開始日 7/17(水) 終了日 7/19(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら

 

 

 

コースコード USL89L 受講料 ¥102,000
コースタイトル C#プログラミング基礎
コース概要 C# を使用して.NET Framework 対応アプリケーションを開発する際に必須の基本文法(変数、定数、配列、制御構文)に加え、オブジェクト指向プログラミングに必要な文法(継承、インターフェイス、オーバーライドなど)を講義と実習を通して学習します。実習は、理解度やレベルに合わせて自分のペースで進められるように、学習テーマごとの実習問題を豊富にご用意しています。実習問題は、フローチャートを掲載し、アルゴリズムを苦手とする方にも理解しやすいようにプログラムの流れを可視化しています。
カリキュラム

第1章.NET Framework とC#
第2章C#の基本文法
第2章C#の基本文法/ 実習問題
第3章オブジェクト指向
----------------------------------
第4章クラスとインスタンス
実習問題
第5章継承
----------------------------------
実習問題
第6章ポリモーフィズム
第6章ポリモーフィズム/ 実習問題
第7章例外処理 実習問題(オプション)
第8章デバッグ

受講対象者

C#を使用してアプリケーションを開発する人。

前提知識 Windowsの基本操作(マウス操作やファイル操作)ができること。プログラミング経験があることが望ましい。
開始日 7/3(水) 終了日 7/5(金) 学習期間 3日間
開始日 8/7(水) 終了日 8/9(金)
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら