サテライト研修カレンダー

9月 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
前の月 前の日 次の日 次の月
年別 月別 週別 本日 検索 月の指定

【サテライト】22 OracleDatabase12c:バックアップ・リカバリ
開始 月曜日, 02 9月 2019 -  9:20
終了 金曜日, 06 9月 2019 -  5:30
コースコード USJ35L 受講料 ¥357,000
コースタイトル OracleDatabase12c:バックアップ・リカバリ
コース概要 リカバリ要件の評価、バックアップおよびリカバリ手順の適切な計画の立案について学習します。Recovery Manager(RMAN)を使用したバックアップの作成方法やリカバリ操作の実行方法、Oracle Flashback Technologiesを使用したリカバリなど、Oracle Database 12c のバックアップ・リカバリに必要な知識を、障害シナリオに基づいた実践的な実習を通して学習します。
カリキュラム

1.はじめに / 2.開始
3.リカバリ可能性の構成
4.RMANリカバリ・カタログの使用
-------------------------------------- 
5.バックアップ計画および用語
6.バックアップの実行 / 7.バックアップの向上
8.RMANによる暗号化バックアップの使用
9.障害の診断
10.リストアおよびリカバリの概要
-------------------------------------- 
11.リカバリの実行I / 12.リカバリの実行II
13.RMANおよびOracle Secure Backup
14.フラッシュバック・テクノロジの使用
------------------------------------------ 
15.フラッシュバック・データベース
16.データの転送
17.Point-in-Timeリカバリの実行
18.データベースの複製
---------------------------------------- 
19.RMANトラブルシューティングおよびチューニング
20.ワークショップの概要

受講対象者

Oracle Database 12cの障害回復を担当する方。

前提知識 「OracleDatabase12c:管理ワークショップ」コースを修了、またはEnterprise Managerの操作を通じてデータベース管理に必要なインストールや環境構築から、バックアップ・リカバリまでのデータベース管理に必要な基礎知識があること。
開始日 9/2(月 終了日 9/6(金) 学習期間 5日間
富士通ラーニングメディアコース概要はこちら